タキシードTUXEDO

花嫁をしっかりエスコートする新郎のコスチュームにもこだわりを

【タキシード】
夜の準礼装。ニューヨークのタキシード公園のクラブ員が身につけたことに由来します。
最近は黒以外にシルバーグレーなど色物のタキシードも人気です。
カマーバンドや蝶ネクタイが着こなしのポイントになります。

【フロックコート】
男性の昼の礼装。ダブルの上着で、丈は膝まであるタイプ。ズボンは縞のものを合わせます。最近は新郎の衣裳としてタキシードに次いで人気が高いです。

【モーニング】
もともとは、フロックコートの代わりに着られていたもの。現在では、昼の正礼装となっていますが、日本の場合は、夜のパーティーなどに着てもOK。 後ろが長くなったデザインと縞のパンツが特徴的です。

【燕尾服】
別名テールコートとも呼ばれ、夜の正礼装です。前身頃は短く、後身頃が燕の尾のように長く伸びていることから燕尾服と呼ばれています。 前身頃の丈が短いので足を長く見せる効果があります。

お問い合わせ